• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 お悩み別のご質問 』 内のFAQ

11件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 乾燥肌の方へ

    乾燥肌を放っておくと、お肌にハリが無くなり、シワが目立つだけではなく、様々な肌トラブル(シミ、くすみ、かゆみ)を引き起こす原因となります。また、摩擦や日焼けが原因でも乾燥を引き起こします。 しっかりと正しい保湿・お肌に安心のケアをして、みずみずしく美しい肌を育てましょう。 次のチェック項目... 詳細表示

    • No:38
    • 公開日時:2017/05/18 12:48
    • 更新日時:2017/11/16 11:35
    • カテゴリー: 肌質
    • ウィザードQ&A
  • 脂性肌とは?

    脂性肌は、顔全体の皮脂分泌が盛んで、ベタつきが気になる肌質です。 過剰な皮脂で毛穴が汚れやすく、吹き出物が生じることも・・・ また、皮脂分泌が原因で毛穴が開きがちになったり、ターンオーバーがスムーズに行われないなどの理由で トラブルを招きやすいので、皮脂を抑えるためのお手入れを心掛けることが大事... 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2018/06/06 10:49
    • カテゴリー: 肌質
  • ナイトクリームのような商品はありますか?

    夜専用のクリームはご用意しておりませんが、お肌の保護と、睡眠中の肌の生まれ変わりをサポートする、 『然 シルク美容液』と『然+セサミ乳液』をご用意しております。 然 シルク美容液には保湿成分のフィブロインやPGA、ヒアロリペアにくわえ、プラセンタを配合しています。 その上に然+ セサミ乳... 詳細表示

  • 屋外は紫外線・屋内では乾燥が気になる・・・

    夏場は、屋外では紫外線、屋内ではエアコンによる乾燥が気になる季節です。 紫外線のダメージは、シミだけでなくお肌の奥のコラーゲンも壊してしまいます。 また、エアコンは空気中の水分量を下げてしまい、お肌も乾燥しがちです。 そこでオススメなのが、「生ビタミンシリカ導入シャワー」と「まる... 詳細表示

  • 肌の乾燥が気になるのですが・・・

    クレンジングや洗顔の際に、同じ場所を何度も擦ったり、洗顔に時間をかけ過ぎたり、また熱いお湯ですすぐなど、肌の負担になる洗顔はしていませんか? 洗顔時の過度の摩擦は、肌のバリア機能を損ない、乾燥を招いてしまいます。なるべく摩擦をさけた洗顔を 心掛けましょう。 また乾燥を防ぐには、洗顔後すぐ... 詳細表示

  • 普通肌とは?

    普通肌は、適度に潤いがあり、バリア機能がきちんと保たれた、バランスの良い理想的な肌質です。 ただし、紫外線や季節、生活リズムなどが原因で乾燥したり荒れたりと、トラブルを招くことがあるので、日々の変化を見逃さないように気を付けましょう。 普通肌の特徴 ●手で触れた時に滑らかな肌ざわり ... 詳細表示

    • No:354
    • 公開日時:2018/06/06 10:46
    • カテゴリー: 肌質
  • 混合肌とは?

    混合肌とは、顔の部位によって肌質の違うお肌のことをいいます。 実は日本人のほとんどが、この混合肌といわれており、Tゾーンはテカテカするのに、顎や頬は乾いていたり、季節によって肌質が変わるなどの特徴があります。 肌の部位ごとに細やかなお手入れを行うことが大事です。 混合肌の特徴 ●額... 詳細表示

    • No:353
    • 公開日時:2018/06/06 10:47
    • カテゴリー: 肌質
  • 乾燥肌とは?

    乾燥肌は、顔全体の皮脂量・水分量が少なく、潤いを保つ力が弱いため、乾燥しやすい肌質です。 乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、トラブルの原因になることも・・・ 紫外線にあたったり、冬になって乾燥するとお肌がカサつき、肌荒れを起こしやすいので、常に保湿を心掛けましょう。 乾燥肌の特徴 ... 詳細表示

    • No:352
    • 公開日時:2018/06/06 10:48
    • カテゴリー: 肌質
  • アトピーでも使えますか?

    ご使用いただけます。 刺激を抑えた自然由来成分でつくられているので、多くのアトピー性皮膚炎のお客様にもお使いいただいております。 また、水道水に含まれている塩素(カルキ)が、乾燥やアトピー性皮膚炎を悪化させる原因の一つとされています。 塩素除去したお水の使用や、肌に残る塩素を中和する「塩素ケア」... 詳細表示

  • こんにゃく黒芋ビフィズス菌の効率の良い飲み方はありますか?【こんにゃく黒芋...

    胃の酸度が下がると言われている、食後30分頃がおすすめです。 胃酸の影響を少しでも抑えることで、ビフィズス菌が生きて腸へ届く可能性は高くなります。 なお、こんにゃく黒芋は、胃酸でビフィズス菌が死滅せず、生きたまま腸まで届くようにハードカプセルタイプにしています。 毎日、しっかりと続け... 詳細表示

11件中 1 - 10 件を表示